聖書と心理学から学ぶ性のあり方 〜ジェンダーの問題を考える〜

聖書と心理学から学ぶ性のあり方 〜ジェンダーの問題を考える〜

販売価格: 70円(税別)

(税込価格: 77円)

在庫あり
数量:

商品詳細

 

*ちょっと読んでみたいという方向けに、送料込みの【お試しパック】をご用意しました。

 

 

 

B5サイズ 8ページ

*オールカラーのパンフレットです。

 

「はじめに」より

 赤ちゃんが生まれるとき、最初にみんなが知りたいことは「男の子?女の子?」です。ところが最近は「子どもの性別を決めつけるのはやめるべき」という声もあり、後になって性別を変えたいと言い出す子どももいます。さらに、社会では「性的決定権」を強調する性教育、「性的マイノリティ」の権利擁護する政策、あるいは性転換の自由化を求める社会運動なども、日々の話題になっています。しかし、多くの人々はこのような傾向をどう考えたら良いのか、混乱しています。

 身近にそのような状況が起きた場合、どう反応したら良いのでしょうか。また、聖書ではどのように言っているでしょうか。

 まずは「性」と「ジェンダー」の基礎的知識を身につけることが重要です。

 

【内容】

●私たちの性には4つの要素があります

●私たちの身の回りで性やジェンダーの混乱が生じる例を見てみよう

●実は、ジェンダーの混乱からの回復には肉体的要因と精神的要因の他に「霊的」な要因も含まれます

 

 

※50冊以上ご希望の場合は、お問合せください。